驚きの新事実。 

カレの事務所に
どうやら裏の方に住んでいるらしい
おばさんが訪れた。


お宅で猫を飼っていますでしょうか…?


という質問に、
カレは飼っている、というより
迷い猫が居ついてしまってるんですけど、
何かご迷惑かけたでしょうか…と答えた。


おばさん曰く、

去年の秋口、
4ヶ月の猫ちゃんをもらったんだけど
逃げてしまい、
それがご近所の人がどうやらここでみかけたのが
そうじゃないか、という話になって
見に来たらどうもそうらしい。


にゃんにゃんは、
なんと飼い猫だった!!


しかもにゃんにゃんの本名は

みーちゃん。


おばさんは、
今現在子猫たちも含め、
全員家に居るんだと言う。


それで
子猫はにゃんにゃんの子とはいえ、
よそで生まれたわけだし、
ここで飼われているなら
勝手に連れていくのもちょっと…と思って
お話しにきた、ということだった。


にゃんにゃんはもしかしたら
また妊娠中の疑いもあって、
カレはもうここで産ますわけにはいかないと思ってる。

それに子供たちもデカくなってきて
事務所はぐちゃぐちゃになるし、
彼自身も忙しくなってきて
エサも満足にあげることもできなくなってる。

隣のおばさんも
敷地をウロウロする猫たちに迷惑しているらしく、
生まれてすぐに保健所にでも
連れて行けばよかったねぇ、などとつい最近
いってたばかり。

事務所に入れていても
そうやってエサもやれず、
これから冬だしどうしていいか思案中だったりした。


そこになんという朗報。



あたし的にも
にゃんにゃん共々
子供らも全部まとめて面倒見たい、といっている
おばさんの言葉は
猫たちの幸せ、という意味ではどうかわからないけど、
人間の勝手な考えでは
最良の結果なんではないかと思ったりするの。


あれだけ仲良しなんだから
バラバラにするのはどうも忍びなくて。


カレは
それでもやっぱり寂しいらしく、
ご飯を食べながら
にゃんにゃんが来た頃の写真を携帯で
見たりしてる。


あたしが

にゃんにゃんて、みーちゃんだったんだねぇ、

などというと、

子供らもこれからどんな名前をつけられるのか
わからないけど、
クロはクロだし、
チャメはチャメだし、
ミケはミケだっ!!

なぁんて言ってたな^^;


寂しいんだよね。


でも、なんだかホッとした。


きっと良かったんだと思う。


これでよかったんだと思う。


もう、
会えないかもしれないけど、
どうか
幸せで居て欲しい。


あたしも半年間、

楽しかったよ。


ありがと。


にゃんにゃん、

クロスケ、チャメ、

そしてミケ。


元気でね。



ミケのその後。 

ミケたんは3日の日の夜、

兄弟姉妹たちが帰ってきたということで、
事務所に連れてゆかれました。

あっしも忙しくなるんだったんで、
それでよかったんだけど
なんだか涙が出てしまいました。


ミケはそんなのお構いなしで
なんだか移動させられることにビビリ、
一度
車から逃げ出し、
車庫の中を逃げ回って捕まり
みんなの待つ(別に待ってるわけでもないか)
事務所へと帰っていきました。


後で聞いた話、
クロやチャメを見つけて
ものすごく喜んで、
みんなと一晩事務所でお泊りしたようです。


んでもってあっしは次の日、
カレが忙しくて事務所に夜まで行けないってんで、
買い物のついでにエサだけあげに行ったのですた。


そんだらちっとくらい
ミケだって
昨日まであたしのお腹の上で寝てたりしたんだから
寄ってきたっていいんだろうに
手を出したら逃げやがる。

あほう。


それでもエサを作っていたら、
あたしの足に飛びついて、
普段しないような行動をしていたんで
少しは

あたしこのおばちゃん、しってるー

くらいは思ってたんでしょーかね。


みんなにエサをあげて、
にゃんにゃんだけを外に出して、

あたしはそそくさと帰ってきたのでした。


どうやらその後は
みんなで外に出したんだけど、

今度は兄弟姉妹で一緒に事務所の前で
遊んでいたりしたらしい。


ビビリ屋なんだから、
今度ははぐれたりすんなよ。


やっぱり猫は
猫道まっしぐらの方が
いいのかな、ってちょっと思ってるあたしです。



新しい自分の一面? 

ミケは今日も我が家に居ます。

たった昨日1日でなんだか疲れたぁ。


自分ひとりで好きに出来たのが、
そーじゃない、ってことは大変。


そもそもがマイペースの人でいて
他人の気持ちが気になるO型ですもんで。

他人つーか、猫ですけど。


それに意外とあっしは神経質だった??



ミケは3匹生まれた子らの中で
一番に警戒心が強くて
自分らのテリトリーである事務所でも
誰かが行くと寄ってくのはクロとチャメ。

ミケは馴れてない人となると
恐る恐るニオイを確かめに行って
逃げてしまう。


でも昨日から
あたしとしか一緒に居ないとなると、
一緒に遊んだり
エサをあげたりしてたら
鳴きながら寄ってきたり
あっしの膝の上にまで上がってきたりしてた。


そーなったら
やっぱあたしとしても可愛いんだけどねぇ。


ミケは他の子と違い、
外で生きていける可能性が低いんじゃないかと思って
誰かにもらわれて
家猫として生きるほうがいい、って
言い切っていたんだけど、

なんだか見てるとそれでも外で
元気に遊んだり
冒険したりした方がいいのかと思ったりもしてしまった。


おうちの中で、
ましてや急きょなんでなんの準備もない我が家で
行ってはいけない場所がありすぎたり、
兄弟姉妹もいないから
遊び心も不発で終わったり、

なんだか
それでいいのかなぁ、なんて思ってしまうよ。


なにが
猫にとっての幸せなんだか
つい、考えてしまいます。


今日はね、なんだか可哀想で
いっぱい遊んであげた。


まだ子猫ちゃんだから
飛んでってじゃれたり
ぬくもりが必要だったりするんだよねー。


たった猫一匹、
ほんの1日預っただけだけど、
いろんなあっしを発見もできますた。


なんでも経験してみるもんだわね。



お泊り。 

ここんとこ何日か、猫たちは全員
どこかへ行って帰ってきていなかった。

それがミケだけが
フラッと帰ってきて、
事務所で1日経った頃、
母にゃんにゃんが戻ってきた。


そんだらにゃんにゃん、
新しい子供を産もうとしているのかなんなのか
ミケが喜んでくっついていってるのに
威嚇して寄せ付けないらしい。


それで傷心ミケは
また置いていかれて、
入口前まで出て
にゃーにゃー呼び続けたらしい。


だけど、
にゃんにゃんは帰って来ず。


ビビリ屋ミケは
臆病すぎて外ではどうも生きて行けない
性格らしい。


ご飯も食べれず
痩せて帰っても来ているし。


ということで、
あまりにも可哀想で
家に連れて帰ってきてしまった。


というか、
カレにどっちでもいいよ、と言ったら
トイレとエサだけで
出張してきた。


昨日の夜から
一晩お泊り。


今日はカレが忙しかったので、
未だにミケはここにいます。


とにかくどんな音にもビビッて、
掃除機かけた時にゃー
とんでもないところに入り込んでしまったりした。


それでもだいぶ部屋に慣れて、
あたしにも馴れて、

今はあっしの膝の上でおねむ(*^_^*)


もらってもらえる話しがあるので、
もしかしたらそれまで、
そーじゃなければずっと??

とりあえずうちに居ます。


たぶん^^;



鳴き声。 

最近あっしが携わってる猫たち、
全部で4匹いるんだけど、

猫たんたちって鳴き声が様々なのね。


母親のにゃんにゃんは

普通ににゃーていうんだけど、
時々「にゃっ」とか「にゃあーん」とか
可愛く鳴く。


オスのクロスケは
細い可愛い声で

「にゃーにゃー」と猫らしい。

そんでもってよく鳴く。


ミケは最初、鳴けないのかと思ったりした。

今でもそうだけど

「にゃっ、にゃ、にゃにゃ」てかんじで短く、
ビビッた時だけ結構こもった声で

「にゃーん、にゃーん」と
へたくそに鳴く。


そいで笑っちゃうのがチャメ。


基本、あまり鳴かない。


チビッコの時は
「みゃーんみゃーん」とよく鳴いていたんだけど、
最近は聞いたことがなくて、
こないだうちに来た時も
一回も鳴かなかった。


だけどカレと電話で話した時に
後ろで鳴いてるチャメの声に笑ってしまった。


「にゃおーん、にゃおおーーん」


なんじゃそりゃ^^;


カレが口を尖らせて
よく真似をするんだけど、
まさしくそのまんまで吹き出す。


お腹すいた時、外に出たい時など
なにか要望がある時の鳴き方だとか、
子猫たちを呼ぶ時とか、
場面場面で違う鳴き方をするのは知ってるけど、

猫によっても違うのね。


たくさん居ると、
性格の違いも見れて、

楽しいわ♪