香港を思い出す代物。 

かつて香港へ行って来た時の写真が出てきた。

なんとあれは懸賞で当たって、
そんで行って来たんだった。

その中で、なんだこりは??ちゅー写真を発見。

あの、なんつーんだっけ、
ホテルの部屋に置いてある、金庫?
あの写真がある。

なしてこんなものを撮ったんだ?
と思ってよく見て思い出した。


【使用の方法】って書いてある紙が写ってる。


ドアーロックの方法

1.お好きな番号を…なんたらかんたら。

2.ドアーを閉め、しっかりと押さえて…云々かんぬん。


ドアーの開け
かに


かに!?

かに、ってなによ、かに、って!?

なんか間違ってないか!?


旅行の際の注意書きとか、
きっとホテルから来てるやつだったと思うけど、
それもとんでもなく面白い文面で、
めちゃめちゃ楽しかったのに、
あっしはそれを失くしちゃったんだよねー!!

とっても残念っ!!

あっしあれで、
何回も笑えたんだもんー。


でもあの旅行は、
ホントに食べるもの食べるものが美味しくて、
あっしゃー前世は香港人だったんじゃないかと思ったくらい、
美味しい旅でした。


あっしが撮った、
夜景の写真をこっそり、ここに↓


香港の夜景。


ポチリっ、としたらデカくなるけど、
それでもちっちゃいんですが、
気分だけ



[2008/03/30 16:46] 旅行に行っちゃえ。 | TB(0) | CM(1)

トルコ旅行。 

かつて一緒にドイツ・フランスを旅行した友達からmailが来て、
その時の女4人旅行の後の2人が
この度トルコ旅行をしてきたんで、
その写真見ながら報告会と称する飲み会をするよ、
ってんで、
都合が合えば一緒にいかないかい?
つーお誘いがあった。

2006年の1月に行った旅行(「エッフェル塔。」参照)の、
いつもお世話になってる美容室の先生と、
そのお客さんである歯医者の奥さんのセレブ組だ。
(ちなみにあたしらは、貧乏組)


もう2年も前の話なのかぁ。

あたしたち女4人は、
セーヌ川の上で、
まるでビートルズよろしく写真を撮ったりしたよね。

あっしはその1ヵ月後、
2月にも今度はあったかいシンガポールに行ってきたんだったな。

それで貧困生活極まりなくなったんだよな


久々に、先生たちにも会いたいなぁ。

んー、そして旅にもまた行きたいっ!!

こないだからあたしの中の、
「海外行きたい虫」が
ウズウズしているのを感じているのでありまする。



[2008/03/04 19:10] 旅行に行っちゃえ。 | TB(0) | CM(0)

心のカンケイ。 

あたしは、きちんと人間としてのお付き合いもできないのなら、
そんなオトコとは恋人関係になどなれないと思ってる。

1度寝たくらいで、「お前はオレのもんだ」的な状態になっちゃうヤツなど
まっぴらごめんなのだ。

オトコと女である限り、
体のカンケイになどいくらでも簡単になれる。

でも、
「心のカンケイ」というのには、なかなかなれるものではないのだ。
そうして、あたしは、常にそれに憧れつづける。

体と同様、心だって、
全部が全部、四六時中べったりとくっついていればいい、ってもんではない。
一番に肝心な時に、一番に肝心なところのみが
そばにあるよね、と感じられればいいのだ。

ってことで、今回、旅の相方は、旅の前にあたしから
「こいつぁダメだ」と思われ、
ほんとうは旅が済んでから言うつもりだったことを
あたしは言ってしまった。
そういう流れが先に来てしまったもんで。

彼が言うには、あたしを失いたくないらしい。

それで、なんだかすごく、あたしの思うような
素敵な人間性を持つ男に変身した。

いくらどんなに好き同士の恋人だとて、
育った環境も、年齢も、性別も違う
自分じゃない人間同士なんだから、
すべてがすべて満足なんかできないと思う。
それに、100%の人間なんていないし、
あたし自身、とてもじゃないけど立派な人間ではないと思う。
そんなのは、求めない。

だからたとえば付き合うのでも、結婚でも然り、
ルール作りが上手にできるか否か、というコトが
誰かと一緒にいることの重要事項だと思うのだ。

まずは、話ができること。
それって第一条件よね。

でも、オトコとオンナという間柄には甘えが出て、
聞いてあげなかったり、聞いてくれなかったり、
自分を押し付けたり、押し付けられたり。

人間として付き合える関係、というのは、
「オレはこう思う」
って言った場合、
仮令同意できなくても、
「あなたの考えはそうなんだ。でもあたしはこう思うけどなぁ」
という言い方になるんじゃないかと思う。

普通に、人間としての思いやり?

それが見えなくなってた彼が、この度、この旅で(シャレか)
「話ができる人間に」変わってしまっちゃってた。

それは、あたしが旅を楽しむアイテムとして
おおいに貢献したのだよね。

あたしたちは、いままでしなかった
いろんな話をした。

過去に付いた傷の話、
これから起こるであろう見えないことについての不安、
今現在の自分の在り方、居場所。

夜に、ホテルの窓から見える夜景を背景に、
部屋の灯りは薄暗い暖色。
そして必須アイテムはアルクォール。

っつったってビールだけどさ。

ここではスタンダードなタイガー・ビールと、
これも事前下調べでチェックされていたABCっちゅー黒ビール。

ビール

酒の味なんて全然わかってないあたしですから、
「飲めるね」って程度ですわ。

でもね、あたしたちは、少量でちゃんと酔い、
人生ではなかなか無い、貴重な「楽しいおしゃべり」ってもんをしました。

そん時のあたしたちは、
ちょっと心のカンケイだったと思う。

[2006/03/23 10:51] 旅行に行っちゃえ。 | TB(0) | CM(3)

旅のお供、エア・パッキン。 

シンガポールでね、
ホテルのそばのセブンイレブンで、
こんなの買った。

スタバコーヒー、ビン入り。

スタバ

日本では売ってないとか聞いてたんで、
買って帰ってきちゃった。

それが結構入ってて、重いんだよ。
割れたら困るしさぁ。

お土産にビン物もあるだろう、と予想してたしさ、
その為にエア・パッキン、っていうのかい?
あのプチプチまで買って準備してたんだけど、
まぁ、プチプチは巻いたけど、
結局不安になって手荷物に入れることにしたの。

んでもって、力仕事担当の相方に持たせてしまったんだけどね。

あたし?
んー、頭脳担当?

とかいって、向こうで使った英語は
「タクシーに乗りたいんだけどぉ…」
だけだった。

ホテルで留守電ボタンがテカテカしてたので電話したら、
明日のチェックアウトは17時でいいのか、ってゆーから、
そーだよ、って言ったのに、
まだなんか聞いてくるんだけど、
さっぱりわからんくて、???ってなってたら、
もーいい、ってゆわれた。

だってー、聞き取りにくいんだもー。

頭脳担当、ダメなら写真係でいいぞ。

[2006/03/22 16:40] 旅行に行っちゃえ。 | TB(0) | CM(0)

マンゴー茶は、好評だったし。…あたしとおかんに。 

マレーシアにも足を伸ばしてみたんだ。

以前、ドイツからスイスに入り、スイスからフランスに入って
フランスから帰国、って旅で、
パスポートにスイスのハンコがなぁ~い!!
ってコトがあってちょっぴり悲しかったんだけど、
今回はちゃあんとパスポートに「行ったよ」って印が…

回教寺院とかお城とか見たんだけど、なかなかあたしは楽しかった。

昨日からの観光で足がぱんぱんになっちゃって、
うまく歩けなくなってた相方を置き去りにし、
あたしはどんどん歩きまくった。

これまたいいお天気だったので、
気分も上々。

あたしは究極に地理に弱いので、
自分が住んでるトコの道もよくわかってないけど、
マレーシアって、でっかいんだね?
シンガポールはちみっとなんだね?

んー、自信はない。

香港行ったときも、帰りの飛行機の中で漸く
香港がどこにあるのかわかったというくらいの人だから。

余談だけど、うちのおとんは
買い物の帰り道、
家の前を通り過ぎて、
次の赤信号で止まって待ってたらしい。
おかんに「どこいくの?」って聞かれて
「どこって、家に帰るんでしょー」
と怒ってたらしい。

それを聞いて笑ってたあたしは、
家に帰るのに曲がらなきゃならない道を
真っ直ぐ行こうとして、やっぱりおかんに
「どこいくの!!」って言われた…。

親子です。

まー、そりゃ方向音痴には関係ないな。
脳の問題か?


ともかくマレーシアもよかった。
田舎みたいなところに行ったので、
余計よかったのかも。
なんだかのんびりできたの。

これね、ドリアンだ、って言ってたと思う。

ドリアン

そんでこれは、カカオだって。

カカオ

おまけにこんなのもなってた

サル

そこで飲まされた「マンゴー茶」と「コーヒー」があまりにも美味くって、
おまけにココナッツと、なんだかのクッキーまでお土産に買ってしまった。

まんまと術にはまったな。

でもね、まじで美味かったんだよ。
ホントだよ。

[2006/03/21 14:05] 旅行に行っちゃえ。 | TB(0) | CM(0)