キズアト。 

失うことと
手に入ることは
裏表にあるもんじゃなく


常に同じ表側に現れる。



カレは猫たちが居なくなった寂しさと同時に

仕事をする時間を手に入れた。



あっしはってーとこないだ、

にゃんにゃんたちの飼い主のおばさんから頂いた
お菓子を
いっぱい世話してくれたから、ってもらって
ムシャムシャ食って、

心にぽかんと穴を開けた。


もう、
ねこたちのエサを買わなくていいし、
行く末の心配もしなくていい。


でもやつらの

ふわふわの手触りだとか

あったかい体温だとか

鳴声だとか
しぐさとか
あたしを見つめるまっすぐな目とか、。



たかが猫なのに、

あいつらの代わりは、


ないんだね。



あたしの心には、

4つぶんの

猫の形の穴があいてるんじゃないかと
思ったりする。


意外と大きい存在だった
あたしの失くしたものたち。


こないだつけられた、
細い爪のまだ残る傷痕を

あたしは指で、
なぞってみる。


スポンサーサイト

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://cutepasta.blog54.fc2.com/tb.php/1172-ee792026